サムネイル画像

Apr 24, 2018

Blockchain Weekly Report|2018,April,Week4

サムネイル画像
GincoMagazine編集部
アイキャッチ画像

2018年4月4週のBlockchainおよびEthereumに関連したニュース・トピックを整理しました。

※市況・投資領域、規制・政治領域については、Blockchain全体を、ビジネス・事業領域、プロトコル領域についてはEthereumに注目して、トピックを整理しています。

※各領域についての概要・関係性については、こちらの記事をご覧ください。

ブロックチェーン環境のレイヤー構造

市況・投資領域

市況・投資領域

市況動向について

サイバーセキュリティーソフトMcAfeeの開発者であるJohn McAfeeが、以前提案していた価格予測曲線にBitcoinの価格が回帰

John McAfeeはこの価格予想曲線で2017年末の価格を当てています。彼は2020年にBitcoinの価格は$500,000に達すると予想しています。
> 詳細はこちら

Segwitの採用増加により、Bitcoinの手数料問題は解決されつつある

数ヶ月前BitfinexやGDAXなどの大手取引所がSegwitを導入しました。BitfinexのCTOは、今回の導入によって手数料を最大20%下げることが出来るとコメントしました。
> 詳細はこちら

仮想通貨取引所の動向について

韓国最大の取引所Bithumbが、ユーザーにアンケート実施

アンケートの後方では、リストアップして欲しい通貨を記入することができます。今回のアンケート結果で上場銘柄を決める可能性があります。
> 詳細はこちら

世界第四位の取引所Huobi、ロンドンに進出

ロンドンを入り口としてEUの市場を開拓して行きたいとのことです。
> 詳細はこちら

Coinbaseが、ブロックチェーンを利用した有料メッセージサービスEarn.comを買収

Earn.comのCEOを、新たにCoinbaseのCTOとして雇入れます。
> 詳細はこちら

CoinbaseはセットマネジメントファームであるOz Managementとワンウェスト銀行の元CFOAlesia Haasを新たに雇入れる

先月同社はTwitterとFacebookの広報責任者Rachael Horwitzも雇っています。
> 詳細はこちら

まとめ

今週は世界的仮想通貨取引所の動きが目立ちました。特に、Coinbaseは買収を行ったり、優秀な人材を積極的に取り込んだりしてビジネスを大きく加速しています。

政治・規制領域

規制・政治領域

オーストラリアは仮想通貨大陸になるか?先進的なレギュレーションを導入

オーストラリアでは、二重課税の解消、ICOのガイドラインの発表など、様々な新しい制度が生み出されています。規制が増えると仮想通貨業界が縮小するように思われがちですが、マネーロンダリングやテロの資金調達を防ぐのに貢献しているなど、「健全なマーケットを形成する」といった観点に立つ肯定的な意見が多いようです。
> 詳細はこちら

スイスは2020年までに仮想通貨大国になるか?

スイスは安全な金融取引で有名ですが、仮想通貨の導入にも積極的な姿勢を見せています。過去に「クリプト村」という民間の仮想通貨コミュニティーで、スイス政府が共同研究を行なっています。
> 詳細はこちら

ベンチャーキャピタルのAndreessen Horowitzは、SECの会議でブロックチェーン及び暗号通貨に関する規制の免除を求める

Andreessen Horowitzはシリコンバレーで投資活動を行なっており、過去にFacebookやAirbnb,Coinbaseなどに投資をしています。証券として分類されることで仮想通貨が中央集権的に運用されてしまうことを懸念し、今回のSECとの対話に至ったとのことです。
> 詳細はこちら

アジア諸国の政府動向と仮想通貨関連企業について

中国、韓国、日本などのアジア各国の仮想通貨に対する姿勢をわかりやすくまとめられています。
> 詳細はこちら

フィリピンの下院が、仮想通貨関連法案の通過を迅速化するよう上院に要請

今回の法案が実施されれば、フィリピンでの仮想通貨関連の犯罪にかかる罰金が1段階高くなります。
> 詳細はこちら

まとめ

オーストラリアとスイスの取り組みは、行政や政府とブロックチェーン技術との関わり方の良い前例となるのではないでしょうか。オーストラリアは、事業者が適切な活動を行えるよう規制を整え、スイスは民間と共に研究開発を積極的に行っています。

ビジネス・事業領域

ビジネス・事業領域

ニュース&トピックス

NASAがブロックチェーンによるロケット自動操縦システムに出資

いままでは、地球から宇宙船を遠隔操縦すると通信のタイムラグが発生していました。研究者のJin Wei Kocsisは、Ethereumのスマートコントラクトを利用し、特定の条件下において機体の操縦を自動化してタイムラグを軽減しようとしています。
> 詳細はこちら

世界最大のスーパーマーケットチェーンであるウォルマートは、各店舗での支払いデータをブロックチェーンに保存したいと考えている

ウォルマートは顧客の支払い購入履歴をプライベートブロックチェーンに組み込むことで、顧客が自分の購入履歴データを管理するよう試みています。現在、特許出願中とのことです。
> 詳細はこちら

保険大手のアリアンツ、内部の資金移動特化のトークンを実証実験中

トークンを用いることにより、関連会社が海外取引をするに時に発生する為替変動リスクやその他のコストを、最小化できるとのことです。
> 詳細はこちら

ステーブルコインを発行するMakerDAOがモバイルATMのDetherと提携

MakerDAOが発行するステーブルコインDAIを、ドルと簡単に交換できるようになりました。
> 詳細はこちら

Web3.0ブラウザのBraveが、世界最大規模の通信社ダウ・ジョーンズ・メディア・グループと提携

Braveをダウンロードした一部のユーザーは、ダウ・ジョーンズのプレミアムコンテンツを利用できるようになります。また2社はデジタル出版に関する共同実験も進めて行くとのことです。
> 詳細はこちら

ステーブルコインプロジェクトの「Basis」、1億3,300万ドルを調達

投資家たちは仮想通貨のボラティリティーを改善することで、仮想通貨は「価値の交換」の役割を果たすことができると主張しています。また中央銀行の信頼が確率していない発展途上国において、使用される可能性があるともコメントしています。
> 詳細はこちら

Amazon、データ販売市場におけるBitcoinのユースケースを注視

Amazonはユーザーや企業が、自身のトランザクション履歴を売ることができるマーケットプレイスの特許を取得しました。
> 詳細はこちら

Samsungが、サプライチェーンマネジメントのためにブロックチェーン技術の導入を検討

まだ具体的な利用方法などは決まっていないようです。
> 詳細はこちら

アダルト動画サイトPornhubがVergeを支払い通貨として認める

4/17のプレスリリースによると、PornHubプレミアムなどへの支払いに仮想通貨Vergeが利用できるようになりました。
> 詳細はこちら

投資銀行のバークレイズが、仮想通貨取引デスクの設置を検討

現在、顧客がどの程度仮想通貨投資に興味があるか調査をしている段階であり、具体的なことはまだ何も決まっていないとのことです。
> 詳細はこちら

プロジェクトの新規ロンチやアップデート

IBMと米メディアSalonMediaが、広告業界での不正行為を防ぐためのブロックチェーンプロジェクトを始動

今回のプロジェクトはブロックチェーン技術を用いることで広告主、出版社、消費者間に存在する仲介者を排除します。これにより、ボットの不正行為やドメインのなりすましなどの、ハイテク広告詐欺を未然に防げます。
> 詳細はこちら

国際保健ブローカーのMarsh、IBMのHyperLedgerと協力して、保険証書をブロックチェーンに組み込むプロジェクトを発足

クライアントが契約しようとしている請負業者が、仕事を開始するのに必要な最新の保険を持っていることを証明する、商用ブロックチェーン・ソリューションを開発するとのこと。
> 詳細はこちら

マイクロチップNFCを用いて、皮膚の中にウォレットを埋め込む方法

マイクロチップは米粒サイズで、秘密鍵を保管することができます。ユーザーはスマホでスキャンすることで、秘密鍵を受け取れるとのことです。
> 詳細はこちら

投資・運用プラットフォームSpindleの運営チームがインタビューに応じる

Spindleは過去にGACKT氏が宣伝告知をしたことで話題となりました。4/29からクラウドセールを行うとのことです。
> 詳細はこちら

注目DApps

Ether Goo

ドット絵の猫を育成するゲームです。ついにDApps Games DAUランキングで1位を獲得しました。また4/19日には4,287DAUを記録し、DApps DAUランキング総合1位を獲得しました。
> 公式はこちら

CryptoKitties

Crypto KittiesはDapps Gamesのパイオニアであり、当時その希少価値から多くの投資家が注目していました。Dapps Gamesが徐々に増えてきた中で、今後はよりそのコンテンツの質が重視されて行くでしょう。
> 公式はこちら

EtherCraft

4/16にはCryptoKittiesを抜いてDapps Games DAUランキング1位になっていましたが、みるみる失速しました。ChainMonstersというゲームとの提携により、DAUが一時的に上昇した模様です。
> 公式はこちら

ethorse

競馬をブロックチェーンに組み込んだギャンブリングサービス。4/17に正式リリースされました。
> 公式はこちら

注目DApps

まとめ

先週は話題を集めたトピックが多く見られました。Amazon、Samsung、IBMといったグローバル企業が積極的にブロックチェーンを利用した事業を積極的に行い始めています。また、既存のビジネスに限らず、NASAの研究に活用されたり、マイクロチップによる小型ウォレットの開発なども発表されました。

プロトコル領域

技術開発領域

ニュース$トピックス

新しいシャーディングネットワークの形が提案される

各シャードが1つネットワークを使用するのではなく、ネットワークを単一化し、クロスシャードコミュニケーションを制限する内容になっています。
> 詳細はこちら

Vitalikが、ブロックチェーンの新しい構造であるDAGについてコメント

具体的には、DAGにおけるブロック同士の「依存性」について言及しています。
> 詳細はこちら

KyberNetwork、ステーブルコインであるDAIの取り扱いを開始

4/16から、DEXであるKyberNetworkがステーブルコインであるDAIの取扱を開始しました。
> 詳細はこちら

Bitcoin cashを利用したSNS、Memoが開発される

全てのプロフィールはBitcoin cashのアドレスと紐づいていて、ユーザーは投稿に対してBCHを投げ銭することができます。
> 詳細はこちら

スケーラビリティへのソリューション、シャーディングの解説記事

そもそもスケーラビリティー問題とはどのようなことなのか、またその解決策として注目されるシャーディングとはどんな仕組みなのか、簡単に説明しています。
> 詳細はこちら

ブロックチェーン内の相互運用性について

分散型台帳技術(DLT)を開発しているR3代表のRichard BrownはEthereumのパブリックブロックチェーンとしてのビジョンを称賛するとともに、現状のスケーリングとプライバシーの課題は深刻であり、DLTプラットフォームであるCordaならブロックチェーン内の相互運用性を提供できるとコメントしました。
> 詳細はこちら

Ethereumのビジネスでの実用化を目指すEnterprise Ethereum Alliance(EEA)が、2018以内に標準的なブロックチェーンのリリースを約束

現在オラクルやスマートコントラクトの標準化についての議論が進んでいるとのことです。方向性が固まり次第、テストネットにアップロードするとのことです。
> 詳細はこちら

Vitalikが、キュレーションコンテンツへの、DAOの応用方法を提案

各サービスから提供されるコンテンツの中には、あからさまなスパムや詐欺が含まれており、中央集権的な仕組みでは管理者がこれら全てを確認する時間がありません。これに対してVitalikは、ユーザーにコンテンツが詐欺かどうかの賛成票と反対票をETH建てで投票させ、それを基にDAOが最終決定を下す仕組みを提案しました。
> 詳細はこちら

oraclize + ipfs.io + archive.orgによって大規模データをある程度まで可用にする方法

スケーラビリティー問題の解決を目指すTrubitと類似しています。
> 詳細はこちら

Augurのアップデート情報

バグを発見した者に報酬が与えられるBug Bounty Programに、オーガノードとオーガクライアントが追加されました。またホワイトペーパーの翻訳言語数が増えたとのことです。
> 詳細はこちら

分散型シェアリングエコノミーを目指すORIGINプロトコルが、Ethereumの標準規格であるERC725を用いたID管理構想を発表

ERC725を用いいることで、各ユーザーの信頼を定量化するとのことです。
> 詳細はこちら

Solidity 0.4.23リリース。

ソースコードファイルを独立したソフトウェア生成物に変換するビルドシステムに、Debian GNU/LinuxをベースとしたオペレーティングシステムであるUbuntuを利用することができます。
> 詳細はこちら

Bitcoin Cashに互換があるBitcoinUnlimitedがリリース

5/15に行われるBitcoin Cashのプロトコルのアップグレードに伴っていくつかの変更が加えられています。
> 詳細はこちら

データの分散化と機密保持を両立するEnigmaプロトコルがEnterprise Ethereum Alliance(EEA)と、Decentralized Identity Foundation(DIF)に参加

Enigmaではスマートコントラクトの代わりに、シークレットコントラクトと呼ばれるものが使われており、ノードは各コントラクトの内容をみることができません。Enigmaを使うことでEEAやDIFの参加企業は、レギュレーションや競合他社との関係を気にせずブロックチェーンを使用することができます。
> 詳細はこちら

Enigmaを用いたオフチェーンでの個人認証について

Enigmaプロトコルについての詳しい仕組みが解説されています。
> 詳細はこちら

EOSハッカソン#1が始動

ハッカソンへのエントリーとコミュニティ投票がライブ中継されました。
> 詳細はこちら

Status v.0.9.17がリリース

データと消費電力の量を削減することに成功しました。
> 詳細はこちら

PlasmaMVPとPlasmaCashを用いたDEXの素案

Plasmaを使用することで、DEXのどのような問題が解決されるか説明されています。
> 詳細はこちら

アップグレードが可能なEthereumスマートコントラクトの作り方

現在のスマートコントラクトは改ざんが不可能になっている分、ハッキングなどの不正に対するアップグレードもしにくい状態となっています。記事では簡単な図解とソースコードを利用しながらアップグレード可能なスマートコントラクトの記法が説明されています。
> 詳細はこちら

EthereumとIPFSを用いたブロックチェーンコンテンツプラットフォーム、AKASHAのβ版がリリース

いくつかのバグが修正された模様です。
> 詳細はこちら

ERC20の拡張として、ERC1003が提案される

トークンをスマートコントラクトから発行する際の安全性について機能が拡張されています。
> 詳細はこちら

ERPs:Ethereumを復元する際の標準的な手続きについて

Ethereumの成長に伴ってすでに発生している問題再び発生する可能性の高い問題に対して、低リスクの解決策を提供します。
> 詳細はこちら

Raiden Networkの開発週報

コアプロトコルの修正、Raiden Networkの将来像の共有、ロードマップの見直しなどが行われました。
> 詳細はこちら

Tron開発週報

コンセンサスアルゴリズム、ウオレット、ストアなどの改善が進められました。
> 詳細はこちら

Zilliqa開発週報

Zilliqaテストネットが2週間前にリリースされました。その後システムの安定性の維持やZilliqaウオレットの改良が行われました。
> 詳細はこちら

DApps gamesであるvirtue.pokerのα版がまもなくリリース

実際のゲームのプレビュー動画が公開されました。
> 詳細はこちら

アップデート情報

Geth v.1.8.4アップデート

処理プロセスを効率化し、ブロックの生成速度を40%引き上げます。
> 詳細はこちら

EthereumのShardingについてのアップデート

以前発表されていた Sharding Phase 1 Specは、問題があるとして廃止となりました。代わって、P2Pネットワークや、トランザクションを保存するcollation bodyを改良した新しい仕組みが提案されています。
> 詳細はこちら

注目ERC20通貨動向

UTRUST (UTK)

決済プラットフォーム。投資家の期待感が膨らみ、4/16に価格が上昇しました。
> 公式はこちら

Populous (PPT)

貿易金融プラットフォーム。クロースドβ版がリリースされ、価格が上昇しました。
> 公式はこちら

Pundi X (PXS)

暗号通貨POSソリューションプロバイダー。DEXであるBancorに上場、提携店舗へのキャッシュバックプログラムの公開、決済デバイスの配布キャンペーンの発表などから、価格が急上昇しました。
> 公式はこちら

Game.com(GTC)

ゲーム業界の基軸通貨を目指すプロジェクト。分散型エンターテイメントプラットフォームであるTRONとの戦略パートナーシップを発表したことから価格が急上昇しました。
> 公式はこちら

ERC20通貨動向
数値参照:Eidoo

まとめ

先週は多くのブロックチェーンプロジェクトの開発進捗が一定の進歩を見せていました。ICOが大流行した昨年の春〜夏から1年ほどたち、当時注目されていたプロジェクトが着々と開発を進めています。

プロジェクト以外でも、スケーラビリティ問題への解決策であるShardingに関して進捗があったり、新たなEthereum通貨規格が発表されたりするなど、Ethereumブロックチェーンの改良も大きく進んだ週でした。

サムネイル画像
この記事を書いたライター GincoMagazine編集部
ライター紹介
PAGE TOP